スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

頑張って下さい

ノサップ
一人ではありません。どうか頑張って下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

明日から通常に戻ります。11日撮影の分からアップしようと思ってます。
スポンサーサイト

最果て

ノサップ

今日の1枚は憧れの最果ての地、落石のポイントです。(写真を撮った時期と文章の時期とは違います。)

高校を卒業して就職まで時間があったので旅に出ることにしました。高校時代はとにかく金を貯めていた。とにかく遠いところへ!?と思っていると「北海道」と言う文字が頭に浮かぶ。鉄道好きなので「沖縄」とはいかなかった。本当は海外に行きたかったけど言葉知らんし1人で何かあったら困るというへタレな考えが頭を過ぎり・・・周遊券を買ってまったくの計画もあてもなく「白鳥」に乗って青森へ、青森から「はまなす」に乗換えて札幌へ。

今となっては考えられない計画のない旅。帰りの日本海4号に乗る日までに函館に戻ってくればいいという・・・札幌からどこに行くかと考えていたら「おおぞら」という特急列車が止まっていたんでこれに乗り釧路へ。釧路からは「根室」という文字が見えたので根室に行ってみた。

根室でしばらく滞在。本当に最果てに来たと思った。何するでもなく1日中町を歩いたり海を眺めたり納沙布岬に行ったりして。。昨日の話の続きになりますが、こうなってくるといつこの町を後にするか、旅立つ切欠を探してしまう。

今では鉄道写真を撮るために各町を訪れますがたまにはこういった旅も、自分を見つめ直すという意味ではそれはそれでいいのかもしれない。

写真データ 根室本線(花咲線)別当賀~落石 RVP+1

にほんブログ村 鉄道ブログへ

霧の彼方から

ノサップ


昨日に買った「町並みコレクション」あまりにも落胆したので今日も買って来ました。また2個同じのが・・・もう呆れて笑けてきました。銀行4つもいらんわい!

そしてホイールがやっと見つかりました。前モデルのC24と今のC25ではホイールをはめるところのハブの形状がまったく違うらしく他のホイールは合わないらしい。無理にはめようとすればはまるらしいがセンターキャップが入らないらしい。今頼んでも7月くらいなのでそれまでにお金を貯めよう。因みに→http://rayswheels.co.jp/datas2/VERSUS/075_DUE/big.jpg

今日の1枚は写真集でも同じようなカットがありますが写真集のカットはだいぶ引き付けて撮ったカットです。根室本線(花咲線)の初田牛~別当賀。最初の狙いは落石の海岸線に行こうと思っていましたが霧に行く手を阻まれて行くことが出来ませんでした。何も見えない。この地方特有の海霧なんだそうです。釧路も霧で有名な街です。この初田牛~別当賀はレールも一直線。まわりには原生林があるだけで何もありません。線路に平行して道道が走っているだけです。

上りの「はなさき」を別当賀の踏切で撮って次は「ノサップ」この両者は茶内駅ですれ違います。別当賀駅から数えて5つ目の駅です。5つ目といえども40キロほどありすれ違って「ノサップ」がこの場所にやってくるまでに1時間10分ほど掛かります。適当な引き込みに車を止めて線路脇で待ちますが人工的な音がまったくしない静寂な場所。時折前の道を車と鹿が通るくらいです。物事を考えるにはいい環境です。

天気は細かい霧雨。線路がアップダウンしていたのでそれを強調するために600ミリで撮っております。霧の彼方からヘッドライトだけが見え、徐々に「タタン、タタン」と音と共に車両が浮かび上がってきました。ヘッドライトが見えたときから追いピンで追いかけながら撮影しております。私は北海道の路線の中で花咲線が一番好きです。

写真データ 根室本線 初田牛~別当賀 RVP+1

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。