スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

笹川流れ

羽越本線
ここはまだ開けた場所ですが北に向かうにつれて海と山との感覚が狭くなる。初めて行ったんですが撮るのに難しい路線でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
スポンサーサイト

遥か

羽越本線
空と海は大きいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道動画へにほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ

高台

羽越本線1
トヨタカップ 浦和は残念でした。惜しかったですね。

今日の1枚は羽越本線です。02年撮影です。電化されているのに普通列車はディーゼルカーで運転されていました。交直セクションの関係だそうです。早朝に場所を探していたら丘の上に登れる階段を見つけました。息を切らして登っていったら海が望めました。私はこういう風景は好きです。

写真データ 羽越本線 今川~桑川 RVP+1

にほんブログ村 鉄道ブログへ

沈む

羽越線

1人で旅を続けてようやくこの地に着いた。滞在すること数日、雲に邪魔されることなく海に沈む太陽を眺めていると言いようのない孤独感、切なさ、寂しさが襲ってきた。今までこんな気持ちになったことはなかったけど。。次の日、私はこの町を発った。

いや、次の場所へ行こうという切欠が欲しかったのかもしれない。

写真データ 羽越本線 吹浦~女鹿 RVP+1

にほんブログ村 鉄道ブログへ

必死なれど

日本海岸

「撮り逃がした!」なんてよくあること。撮り逃がしたほうが断然多い。「また撮りに来たらいい」といつも思っているけど、いつも撮りに行けない場所もある。資金さえあれば行くのは簡単。でも天候の問題もあり思い描いたようなシーンに出会さない。

北海道や九州に行くと必死になってしまう。自分ではそう思ってないのに心のどこかに必死なっている自分がいる。「また撮りに来ればいい」って気安く言える場所ではない。

合間の時間は別のことで楽しんでいたのに線路脇に戻ると必死になる。しかも思い描いているシーンになりつつあるならばなおさらだ。

写真データ 羽越本線 吹浦~女鹿 RVP+1

にほんブログ村 鉄道ブログへ

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。