FC2ブログ

空気感


私は敏感なので空気が変わると激しく咳き込む。慣れたら大丈夫ですが・・・普段はどれだけ汚い空気を吸うているのだ?ってことです。

そんな空気感まで写し込みたい。
スポンサーサイト
2018/11/17(土)
大糸線 トラバ(0)

一番列車


風の強い朝。

一番列車がやって来た。
2018/11/16(金)
大糸線 トラバ(0)

冬枯れの山


この左側の山が立山です。俯瞰場所からこの場所は鉄塔の脚のところに行けば見えます。ここは中土駅を俯瞰できるところですが人ん家の前の道路です。ここもボリュームあったら綺麗やろうなと。

中土駅の前にある発電所の横を登って行って道なりに左にあるゴミ置き場のところに車を置いて歩いていきます。国道も姫川を渡っていますが雪を考慮してか橋にスノージェットが覆っておりトンネルみたいになってます。ただ電線が遠くに横切っておりますが色々な構図が出来ていい場所かなと。夜も行ったことがありますが家の前とはいえ聞いたことのないような生き物の声がずっと近くで鳴いておりたった10分が1時間ちかくに感じられました。
2018/10/26(金)
大糸線 トラバ(0)

窮屈な場所


その廃屋の玄関前です。

左下にスノージェットの一部が写ってます。ギリまで写らなくするとこんな感じです。スノージェットがなかったら川まで入ったゆったりとした構図になったと思う。
2018/10/25(木)
大糸線 トラバ(0)

川沿い


北小谷から国道は勾配を登り長いトンネルに入る。その小谷温泉口の出口までにスノージェット区間がある。トンネルと一体化されてますがそこだけ窓があるのでスノージェットの中ということがわかります。この真ん中あたりに上に登る道がある。最初はメンテナンスのための道かなと思っていましたが地図をみると集落があるようです。ただ北小谷から向かう場合は鋭角に左に曲がらなければならず(切り返し必要かも)、このトンネルはかなりのスピードですっ飛ばす車やトラックが多くしかもカーブしているので急に減速したら危ない。

反対側から入るほうが楽でありますがスノージェット内がカーブしておるので減速したら危ないし右折待ちをしたら余計に危ない。車がいないタイミングにトンネルに入らなければならないテクの必要なところです。スノージェット内を鋭角に左に曲がり勾配を登りまた急な右カーブになってこの辺りに広いスペースがあり車を止めることが出来る。

この先には家は3件ほどでこの場所は家の玄関のあたりから撮る。誰も住んでない廃屋なのでウロウロしても大丈夫ですが家から誰かが覗いているような感じがいつ行ってもする。真下はそのスノージェットの上に鉄橋が見える(立山から俯瞰の鉄橋)。キハ52の頃はスノージェットはなかったらしい。撮れないことはないですが・・・

それでこの場所は微妙な位置に電線が横切っている。ホンマに微妙な位置。ここでもボリューム満点の紅葉を撮ってみたい。
2018/10/25(木)
大糸線 トラバ(0)

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top