Lake Biwa


上り列車は琵琶湖が見えるともうすぐ旅も終わり。

あの窓際の乗客もきっと窓枠を額縁にしてLake Blueを眺めながら旅心をいっそう発酵させているに違いない。
スポンサーサイト

見守る


加賀観音さまが優しく見守る。

氷の粒


氷の粒が強烈に降ってくる。

痛い・・・

以前から気になっていた場所でしたが。。車から見る分には撮れそうに思っていたんですが車を降りて歩いていって自分の目で見るとちょうど車体に掛かる位置に電線が横切っていたので流しです。

おやしらず


だいぶ前ですが「はくたか」ではやった構図です。

駅名の横にあるJRの文字が消されています。段々と準備が整いつつあるようです。

荒れる海?


3日目は風が非常に強く「みぞれ」が叩きつけるように降る。痛い。。

東映のオープニングとまではいきませんが波は高かったです。

スイートスイートテール


1日目失敗・・・

2日目は600ミリにして撮ってみましたがもっとアップで撮りたかったのです。。。

高速進行!!


「はくたか」の光の帯が流れる。

高速進行!


高速進行!

高速で駆け抜ける「はくたか」

米山バック


米山バックのスノーラビット。

雪の壁


やっぱり冬は凄かった。まだ天気がよくて気温も高かったのでよかったんですがこれが降雪のときやったらもっと凄いことになってそう。

除雪で積み上げられた雪の壁は2メートルを軽く越える。私の車よりも高いです。雪の壁に私の形を付けてやろうと雪に体当たりしたら跳ね返された!カッチカチ。冷蔵庫の味がしました。

線路の横の学校では体育の授業がスキー。みんなめっちゃ上手いんですね。下手な奴はおらんわな。。

信濃川を渡る


信濃川を渡ると十日町。

河川敷も反対側の俯瞰ポイントも雪で行けなかった。強引に行ったら遭難する。
2015/02/24(火)
北越急行 トラバ(0)

迫る「はくたか」


輝きを放つヘッドライト。

悠揚


焦らずゆっくり・・・

落ち着ける場所。

考え事・・・病名は「センチメンタル」和風に言うと「心の花粉症」??
2015/02/23(月)
信越本線 トラバ(0)

夕方の米山の町



夏と風景は変わらない・・・風が冷たいだけ。

天気ヨシ!


夏場は木々が生い茂り撮れなかったところです。白鳥が走っているときはトンネル上から撮れたんですが・・・もう20年も前の話です。

穏やかな海


真冬ですが天気ヨシ!風も無く海も穏やか。もっと猛吹雪をイメージしていましたが・・・でも何となく冬の海って感じがしますね。

雪面のS字


もっと降雪で雪煙巻き上げているところを撮りたかったけど・・・

照り返しで暑いです。。。

米山バックの「くびき野」


ここからは今月頭に行った新潟遠征の写真です。

早朝は雪がチラチラしていたが次第に晴れてきて気温も上がる。雪の照り返しとあまりの厚着で逆上せてしまい鼻血が噴出す始末・・・

そんな中やって来たのは国鉄色の「くびき野」。バックには米山が聳える。

紅葉の川沿い


線路は旧道沿いを走って小坂の町に入る。山が川沿いにまで迫る。

これで写真展に出した写真は終わりです。ありがとうございました。

晩秋の細道


飛騨市を抜けると線路は深い山の中を分け入るように宮川沿いの渓谷を通る。有名なポイントですが好きな風景ですね。合間は撮影地を探しながら散歩。

身軽になった「ひだ」が軽やかに駆ける

若葉の頃


桜も紅葉も一番綺麗なときというのは一瞬。

この新緑も若葉の頃も一瞬。緑が輝く瞬間に立ち会えてよかった。
2015/02/18(水)
山陰本線 トラバ(0)

桜の阪急沿線


阪急電鉄は桜と撮れるところが多いですよね。

ただこの反対側のほうがピンク色していた。
2015/02/17(火)
阪急電鉄 トラバ(0)

新緑のストレート


当初は振り子は固定で走っていたようです。架線の改良が必要になるかららしいんですが今は3度ほど傾くみたいです。

ナルトvsナルト


運用表を眺めていると並ぶことが判明。

一回目は時間を勘違いしていて動画が撮れずで、この写真は1回目での撮影です。
2015/02/16(月)
駅にて トラバ(0)

米どころ


さすがは米どころですね。

綺麗です。今度は稲刈りのときに来て見たいです。

津山市


47のナルトが津山を後に・・・
2015/02/14(土)
津山線 トラバ(0)

渓谷の中の京阪特急


緑に映えます。

海バックな京阪特急


晴れていたらこの鉄橋と決めていました。

山間


山間に警笛が響く

順光で桜


桜は順光でないとホンマに映えない。

満開でちょうど良かった。
2015/02/01(日)
因美線 トラバ(0)

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top